2019年11月18日

【現在の展示会】國廣展 開催中です!

みなさんこんにちは!綾ふれあい館です😃
11月中旬になり、急に朝晩の冷え込みが厳しくなりました。
体調を壊しやすい時期です。みなさんご自愛ください

さて、現在展示室におきまして
「國廣展」を開催しております。
※本展は資料展示のみとなっております。刀の展示は20日〜24日に綾国際クラフトの城にて行います。
20191115_國廣展.jpg

國廣は綾町古屋地区出身の刀工で、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍しました。晩年は京都の堀川に住んだため、堀川国広として全国的に有名です。
広く知られている”国広”ではなく”國廣”としたのは、國廣が制作した100を超える作品のうちほとんどが”國廣”銘を刻んであるためです。

当時綾城を治めていた伊東氏に仕えていましたが、島津氏が伊東氏を攻め滅ぼした際に豊後に落ち延び、以降各地を転々としながら作刀を行い名作を次々と生み出しました。その後堀川にて工房を開き、たくさんの優秀な弟子を育てたため、江戸時代初期の刀の開拓者ともいわれています。
PB180002.jpg

國廣の波乱万丈な生涯ををトピックでわかりやすいようまとめています。
PB180004.jpg

綾ふれあい館での國廣関連の展示としては昨年度の「綾の刀工 田中国広展」に引き続き2回目となります。
前回の展示内容をさらに深め、人間 國廣に迫る内容となっています。

PB180005.jpg

今回は内容を史実に忠実に作りたかったため、國廣関連の資料を読み漁りました。
國廣研究は日々更新されており、少し古い資料と新しい資料とでは内容が異なっていたりします。

例えば國廣の代表作といわれる山姥切国広は昭和35年まで関東大震災にて焼失したと思われていましたが、その後存在が発見され、昭和37年6月21日に重要文化財に指定されました。したがって昭和35年以前に作られた資料にはその作品が記載されていません。
そういった点を、間違いがないか確認しながら資料を作成するのがなかなか骨が折れました。

PB180006.jpg
資料作成に参考にした冊子も置いています。中には国立国会図書館でしか見ることのできないため、デジタルダウンロードで印刷した冊子もあります。なかなか見ることのないものもありますので、この機会にゆっくりとご覧ください。


PB180009.jpg
内容が結構みっちり詰まっていますので、ゆっくりとご自宅で楽しみたいという方のために資料集を作成しました。
近日中にネット販売も予定しておりますので、遠方の方も是非ご利用下さい。
昨年度の資料はネットでも販売中です。


PB180007.jpg
また、綾町内の國廣遺跡をめぐる「國廣マップ」も配布中です。お天気の良い日はレンタサイクルなどで散策をおすすめしています。

PB180010.jpg
コメントも大募集しています!

「國廣展」は今月28日まで!ぜひ足をお運びください。

PB180001.jpg

「國廣展」
開催日時:2019年11月15日(金)〜28日(木)9:00〜17:00※最終日は午前まで
開催場所:綾ふれあい館1階展示室(宮崎県東諸県郡綾町大字南俣329−1)

当館の最新情報はこちらにて随時更新中です。
綾ふれあい館 ツイッター「@ayafureai
綾ふれあい館 フェイスブックページ「綾ふれあい館
綾ふれあい館 インスタグラムアカウント「@ayafureai
綾ふれあい館 LINE@アカウント「@ekm0466r

みなさまのご来館心よりお待ちいたしております

posted by 綾ふれあい館 at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

【綾の行事】郷土芸能

みなさんこんにちは!綾ふれあい館です

最近は急に寒くなったり、毎日何を着ていくか迷ってしまうような天候が続きますね
体調も天候に左右されますのでご自愛ください

さて、先週末11月10日(日)に綾町の郷土芸能が行われました。
これは各地区持ち回りで行うもので、今年は古屋と西中坪の地区が担当でした。
古屋地区は「曽我兄弟」、西中坪地区は「綾駒弓取りの舞」。
その2地区が綾ふれあい館前で披露してくださいました。

綾町の各地区には、昔から続いている踊りが存在しています。
その踊りを各地区が4〜5年単位で郷土芸能として披露しています。

その様子を収めましたので、どうぞご覧ください。

まず、最初は古屋地区の曽我兄弟です。
現在の西都市三財地方に伝わるものを当時の古屋の若者たちが習い覚えたとされる踊りです。

IMG_20191110_163032.jpg

きらびやかな衣装に身を包み、松明を手に舞う姿は圧巻です。
IMG_20191110_162549.jpg

IMG_20191110_162847.jpg

次は、西中坪地区の綾駒弓取りの舞です。
この舞は、綾神社・綾護国神社のご祭礼に当たり「平家物語」弓取りの故事に「相川音頭」をアレンジして創作されたそうです。

IMG_20191110_155649.jpg

舞台は、瀬戸の屋島、平家追討の義経が取り落とした弓を取り戻そうとする内容で全部で三部構成になっています。
IMG_20191110_155715.jpg

IMG_20191110_155702.jpg

時代の移り変わりとともに消えてゆく伝統も多々ある中、
このような形で世代を交代しながら長きにわたり受け継がれてきた郷土芸能が存在することは素晴らしいことだと思います。
伝統芸能は毎年この時期に披露されますので、ご興味のある方はぜひ綾町へ遊びにいらしてみて下さい

当館の最新情報はこちらにて随時更新中です。

綾ふれあい館 ツイッター「@ayafureai
綾ふれあい館 フェイスブックページ「綾ふれあい館
綾ふれあい館 インスタグラムアカウント「@ayafureai
綾ふれあい館 LINE@アカウント「@ekm0466r

みなさまのご来館心よりお待ちいたしております

posted by 綾ふれあい館 at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

【現在の展示会】綾文化三部作展

みなさんこんにちは!綾ふれあい館です

とうとう肌寒くなってきましたね
朝晩の寒暖差がおおきいので、体調管理には気をつけたいですね

さて、チャレンジショップでは「綾文化三部作展」を開催いたします。

綾町在住の継松敏夫さんがまとめた三冊の冊子を紹介する展示会となります。

「綾のむかし話」「綾言葉」「2度と戦争どんするむんじゃね」の三冊で、後世に語り継いでいきたい綾町の文化を調査し、それぞれのジャンルに分けて冊子化したものの中身を少しずつピックアップした展示会です。

PA270018.JPG

「綾のむかし話」から14話、「綾言葉」から8つの言葉、「2度戦争どんするむんじゃね」からは6話の計28個をご紹介
綾の文化をより深く知ることができる展示会となります。

PA270019.JPG
PA270021.JPG

実際の冊子も展示していますのでお手に取ってご覧頂けますし、販売もしております

PA270020.JPG

実際にあった戦争の体験談を読んでいると想像をはるかに超えた過酷な状況に驚かされます。
現代の平和な日々に感謝を忘れてはいけないですね

PA270022.JPG

普段はなかなか読むことの少ない綾の文化に触れられる良い機会ですので、ぜひご来館ください

「綾文化三部作展」

開催日時:令和元年11月1日(金)〜11月13日(水) 9:00〜17:00

開催場所:綾ふれあい館1F チャレンジショップコーナー 入場無料

当館の最新情報はこちらにて随時更新中です。

綾ふれあい館 ツイッター「@ayafureai
綾ふれあい館 フェイスブックページ「綾ふれあい館
綾ふれあい館 インスタグラムアカウント「@ayafureai
綾ふれあい館 LINE@アカウント「@ekm0466r

みなさまのご来館心よりお待ちいたしております

posted by 綾ふれあい館 at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする