2015年11月08日

【綾の行事】綾町の郷土芸能

みなさん。こんにちは
綾ふれあい館です

暦の上では立冬を過ぎているはずなのですが、今日は暑かったですね。
でも、いきなり寒くなったりするので気をつけていないといかんですよね。

さて、11月7日(土)と8日(日)の2日間、綾町では文化祭、有機農業祭が開催されて賑やかでした。
そんな中、毎年恒例の各地区が持ち回りで踊る郷土芸能が披露されました。

今年は、四枝(よつえ)地区の城攻め踊り、宮原(みやばる)地区の唐人踊り、東中坪地区の樽踊りの3つが披露されました。

まず初めにふれあい館にやってきたのは、四枝(よつえ)地区の城攻め踊り。
この踊りは、島津軍が竜尾城(綾城)を攻めあぐね為、仮装舞踏隊で油断させて落城させたという故事を踊りにしたものだそうです。
数十本の色とりどりの矢旗を背にして踊る姿は、華やかでした。
尚、この矢旗は900本制作されたそうです。
052.jpg

046.jpg

065.jpg

088.jpg

続いて、宮原(みやばる)地区の唐人踊りが来ました。
唐人踊りは、琉球王が島津に貢物を献上していた時に、たびたび海賊に襲われる事があり、考えた末に、滑稽な格好をした中に貢物を紛れ込ませて運んだら、無事届ける事ができたという話を踊りにしたものだそうです。
七福神に頭を叩いてもらったり、お店の中に入ってもらうと縁起がよいという事で、カメラを持って撮影していたワタクシもペチリと叩いて貰いました。ご利益、ご利益。
113.jpg

106.jpg

134.jpg

116.jpg

そして、最後にきたのが東中坪地区の樽踊りです。
郷土芸能は、男性が踊るものが多いのですが、この樽踊りは女性が踊ります。
昭和天皇後即位の祝賀行事で踊られたのが始まりだそうです。

男性の勇壮な踊りとは違って、女性特有の柔らかな踊りでした。
059.jpg

038.jpg

033.jpg

054.jpg

綾町にはこのような郷土芸能が各地区に残っております。
若者が地方を離れて都会へ行く中、この様な文化が脈々と受け継がれ次の世代に残っているというのは素晴らしい事だと思います。
来年も素晴らしい踊りが見れる事を楽しみにしたいと思います。

ところで、写真の中にもチラホラと見えていたかと思いますが、
現在、ふれあい館では、イルミネーションの設置作業中です。
12月1日の点灯までに少しずつつけていきたいと思います。
こちらもご期待下さい

当館の最新情報はこちらにて随時更新中です。
綾ふれあい館 ツイッター「@ayafureai
綾ふれあい館フェイスブックページ「綾ふれあい館

みなさまのご来館を心よりお待ちいたしております。
posted by 綾ふれあい館 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 綾の行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック