2019年11月11日

【綾の行事】郷土芸能

みなさんこんにちは!綾ふれあい館です

最近は急に寒くなったり、毎日何を着ていくか迷ってしまうような天候が続きますね
体調も天候に左右されますのでご自愛ください

さて、先週末11月10日(日)に綾町の郷土芸能が行われました。
これは各地区持ち回りで行うもので、今年は古屋と西中坪の地区が担当でした。
古屋地区は「曽我兄弟」、西中坪地区は「綾駒弓取りの舞」。
その2地区が綾ふれあい館前で披露してくださいました。

綾町の各地区には、昔から続いている踊りが存在しています。
その踊りを各地区が4〜5年単位で郷土芸能として披露しています。

その様子を収めましたので、どうぞご覧ください。

まず、最初は古屋地区の曽我兄弟です。
現在の西都市三財地方に伝わるものを当時の古屋の若者たちが習い覚えたとされる踊りです。

IMG_20191110_163032.jpg

きらびやかな衣装に身を包み、松明を手に舞う姿は圧巻です。
IMG_20191110_162549.jpg

IMG_20191110_162847.jpg

次は、西中坪地区の綾駒弓取りの舞です。
この舞は、綾神社・綾護国神社のご祭礼に当たり「平家物語」弓取りの故事に「相川音頭」をアレンジして創作されたそうです。

IMG_20191110_155649.jpg

舞台は、瀬戸の屋島、平家追討の義経が取り落とした弓を取り戻そうとする内容で全部で三部構成になっています。
IMG_20191110_155715.jpg

IMG_20191110_155702.jpg

時代の移り変わりとともに消えてゆく伝統も多々ある中、
このような形で世代を交代しながら長きにわたり受け継がれてきた郷土芸能が存在することは素晴らしいことだと思います。
伝統芸能は毎年この時期に披露されますので、ご興味のある方はぜひ綾町へ遊びにいらしてみて下さい

当館の最新情報はこちらにて随時更新中です。

綾ふれあい館 ツイッター「@ayafureai
綾ふれあい館 フェイスブックページ「綾ふれあい館
綾ふれあい館 インスタグラムアカウント「@ayafureai
綾ふれあい館 LINE@アカウント「@ekm0466r

みなさまのご来館心よりお待ちいたしております

posted by 綾ふれあい館 at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。