2020年06月27日

新商品「綾町地名の謎解き」

皆さん、こんにちは
綾ふれあい館です

コロナウイルスに苦しんだ春でしたが、季節は少しずつ変わり梅雨に入り、気温も一気に上昇。
暑苦しい日々が続いております。

そんな中、綾ふれあい館では、新商品のご紹介です。
P6270208.jpg

「綾町地名の謎解き」という書籍で、令和2年6月5日に発刊されました。

著者は、柳田康博(やなぎたやすひろ)さんで、教員を定年退職した後、綾町の社会教育指導員として勤務した時に綾町の地名と出会い、地名の現地を調べ歩き、由来・語意の解明をはじめたそうです。令和への改元をきっかけに、20数年の調査研究に区切りをつける為、この度、発刊されたそうです。

この本の特徴としては、北俣・南俣・入野という3つの大字(おおあざ)とそれぞれの大字にぶら下がる小字(こあざ)についてその地名が付いた由来を考察しています。
例えば、綾ふれあい館の住所には桑下という小字が入ります。
この桑下は、昔、養蚕が盛んだった頃、「桑畑の下方にある地域」という事でつけられたのではないかと考察されています。
地名について住んでいても深く考える事はないので、このように調べられた本を見てみると面白いものではあります。

書籍は、綾ふれあい館の店頭や、綾ふれあい館のネットショップで販売しております。
また書店では、大型書店には置いてある様です。
自費出版という事で、あまり大量には作ってはいないという事でした。

絶版となる前に、お早めに購入される事をオススメ致します。

当館の最新情報はこちらにて随時更新中です。
綾ふれあい館 ツイッター「@ayafureai
綾ふれあい館 フェイスブックページ「綾ふれあい館
綾ふれあい館 インスタグラムアカウント「@ayafureai
綾ふれあい館 LINE@アカウント「@ekm0466r
みなさまのご来館心よりお待ちいたしております
posted by 綾ふれあい館 at 15:48| Comment(0) | 新商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。